<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猟欲・・・? | main | し、し、しわすぅぅ。。。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

良かった・・・

ご近所に、仔犬の頃からすごーーっく気になってた犬がいました。
♂の甲斐犬、Hくんです。年齢はだいたい5歳くらいだったかな。
うちから50mも離れていないお宅で、そのお宅が新築された直後にちいさな仔犬でやって来て、ずっと外飼いされていました。

Hくんが飼われている場所は、家屋と歩道の間のお庭です。

が、お庭といっても とっても狭く・・・
そうだな、歩道側を鉄柵で囲まれた幅約1mちょっと長さ約5〜6mくらいの細長いスペースです。
むき出しの土の上に、ちいさな犬小屋と水いれが置かれています。
他には3,4本列植された植木と家屋の間に斜めによしずが立てかけられており、それが日よけになっている、といった感じです。
大型犬なら方向転換するのがやっとの幅しかないところです。
甲斐犬でも運動できるスペースは全くありません。

Hくんがまだ ムクムクしたちっちゃな仔犬だった夏。
ものすごく暑い夏で、植木も若くて小さく、よしずもまだなくて、仔犬には過酷すぎる環境なのじゃないかと、めちゃくちゃ心配したこともありました(思わず 日本動物愛護協会に相談の電話をしてしまったくらい)が、Hくんは自分で地面に穴を掘ったりして、暑さを無事乗り切り、すくすく大きくなりました。

甲斐犬にしては 驚くほど人懐こいHくん。
脇の歩道を通る 通学途中の小中学生やご近所の人たちに、鉄柵に身体を押し付けてブンブンしっぽ振りながらお愛想よくご挨拶していました。
吠え声もほとんど聞いた事がない、とっても静かな犬でした。
茎匙生姜が直近の歩道を通っても吠えかかることもなく、いるかいないか、わからないくらいなのでした。

そこのお宅では Hくんの世話をするのはお父さんだけのようでしたが、朝早くか夜遅くに多分毎日お散歩はしていたようで、Hくんの居場所はいつも清潔だったのが、外野の私としては唯一の救いかなぁと思っていました。

暫く前から そのHくんの姿が見えなくなりました。
犬小屋はそのまま置かれているけど、水いれはなくなっています・・・

今更、室内飼いになるはずもないし、いなくなる直前の数日間、ものすごい豪雨だったりしていたし・・・と、どうしちゃったのか、とてもとても気がかりでした。

Hくんの隣家は ぷんぷんの大好きなコギのY君のお宅です。
Y君のママにお散歩で会ったら 何か聞いていないか、是非尋ねてみようと思っていたのですが、そういう時に限ってなかなか会えないまま、数日が過ぎ・・・

昨日の夕方の散歩で、Y君のお兄ちゃんに会って、やっと事情がわかりました。

Hくん、老人ホームに貰われて行ったそうな。

ああ、良かった、生きてる!
老人ホームだなんて、人懐こくておとなしいHくんにとっては、むしろ今までよりも良い環境じゃない!
うん、貰われていって 絶対良かったって!

Y君のおにいちゃん曰く「Hくん、随分沢山の人に可愛がられていたんですね。もう何人もの人に 同じように訊かれましたよ。(笑)」

Hくん、すごくいいコだっただけじゃなくて、やっぱりきちんと自分を活かす力を持っていて、今回それを使ったんだな・・・
と、しみじみ感動したのでありました。

Hくん、しあわせにね♪
なつみ(natsuminu) * - * 20:46 * comments(4) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:46 * - * -

コメント

ごめんT_T・・・涙出たT_T
でも・・嬉しくて出た・・じ〜んと来た・・
H君の心を思うとまたじじじ〜んと来る・・
キータンが足元で寝てるのを見て
またしみじみ幸せをかみ締めちゃってます・・
そして老人ホームのじっちゃん・ばっちゃんも幸せだ

自分を生かす力・・良いナ♪・・*^^*
Comment by ゲクゾー @ 2004/11/22 10:43 PM
うはは、
また 涙腺刺激しちゃったみたいで
すみましぇーん!<(_ _)>

どんなコにも自分を活かす力はある
・・・と思うのです。
で、それを行使できるかどうかが 
そのコの持ってる運なのかなぁ・・・
「みんな、がんばれー!」
・・・って思いますデス。
Comment by なつみ @ 2004/11/23 4:30 PM
うーーーん、
うちの隣、老健なんだよね。
んで、しばらく犬が飼われていた時期があったんだけど・・・
近所周りの犬好きが心配するくらいの扱いでねぇ。。。
なので、諸手をあげて喜べないよ・・・
Comment by りんから @ 2004/11/23 5:35 PM
そうか、確かにそういう展開もありかもね>老健施設
前に参加していたJAHAのCAPP活動に 仔犬(ラブだったかな)を施設にJAHAから寄付するプログラムがあって、今までに3頭くらいだったか「ヒューマンアニマルボンド」の使命を受けて(笑)送りこまれてます。
その場合は 施設側も管理体制をある程度整えて迎え入れているようだけどね。
逆にそういう準備がなされていないところだと 気持ちばかり先行して 実際の飼育は問題ありになりそうだよね。(-_-;)
Hくん、ずっとかわいがってもらえる場所に行けているといいよね。(祈)
Comment by なつみ @ 2004/11/23 6:23 PM
コメントする









このページの先頭へ